So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

『ミライの授業』瀧本哲史著 講談社 書評2 [本]

「こんなはずじゃなかった21世紀」

今、大人たちは上のように思っているのかもしれません。

私でさえ、「21世紀」という言葉の響きには特別感を感じました。

夢のような出来事や産業が目の前にあるのだと思いました。

都市的・未来的な世界が生まれるのだと思っていました。

自動車は空を飛び回り、人間そっくりのロボットと友だちのように暮らしている」
そんな想像をしていた大人たちもたくさんいたと思います。

一部実現していることはあるものの、大人たちが夢見た21世紀を実現することはできませんでした。

それだけ未来を予測することは難しいと言えるかもしれません。
だからこそ、今を生きる21世紀を真剣に考えなければいけないのかもしれません。

21世紀とはどんな時代なのだろう?
いま、世界で何が起きているのか?
そしてこの先、わたしたちはどこに進めばいいのだろう?

その答えを考えるのに、「ロボット化」というキーワードが浮かびます。
今、世界はロボット化して、ロボットに仕事をさせています。

ロボットが24時間、人間の代わりに仕事をしてくれます。
今まで人間がしていた仕事は、ロボットに仕事を奪われる時代です。

また、アジアなどの地域の人が、安い賃金で働いてくれる時代です。

こんな時代がもう始まっています。

もしかしたら、不幸な時代に生まれてしまったと思うかもしれません。

しかし、一つだけいいところがあります。
「未来はつくることができる」ということです。

誰が未来をつくるのか。
わたしたちです。

大人たちは未来はつくれません。
わたしたちだけが未来をつくることができます。

歴史を振り返ってみてみれば、いつの時代にも「未来をつくる人」がいました。
彼らは「安い賃金で働く人」や「ロボット」が成り代わることはできません。

なぜなら、彼らは他の人で絶対にできないこと、自分にしかできないことに取り組んで、古い世界を一新させてきたからです。
誰かが舗装した道路を進むのではなく、自分で道を切り拓き、未来をつくってきました。

だからこそ、わたしたちも未来を作る人になりましょう。
自分だけの未来を作る具体的な方法を一緒に考えていきましょう。

『ミライの授業』瀧本哲史著 講談社 書評1 [本]

『ミライの授業』という本を読みました。

今日から何回かに分けて、読んだ書評を書いていきたいと思います。

冒頭に次の文章があります。

「未来を予測する最善の方法は、それを発明することだ アラン・ケイ」

短い言葉にして、この本のすべての世界観を表しているように思います。

読んでみて思ったことは、大人でも知らない方達がたくさん出てきます。
少なくとも私は知りませんでした。

世の中には、自分の知っていること、知らないことがあります。
知らないことを知る。
すべてを知ることはできないですが、世界は一つであることをこの本は訴えかけているのかもしれません。

世界は「メイド・イン・世界」という発想です。
iPhoneは今や、アメリカ自国だけで製造しているわけではなく、
台湾中国韓国、日本とさまざまな国が関わっています。

「メイド・イン・世界」の目をもって世界を見るとき、21世紀に生きる子どもたちは新たな発明をします。

そんな目だけで、発明はできないよと思うかもしれません。
そんな目だけで、未来を予測することはできないよと思うかもしれません。

しかし、時代は確実に急速に「メイド・イン・世界」になっています。

この本の書名にある通り、「ミライの授業」は今まで見ていた景色を「メイド・イン・世界」として見ることから始まるのだと思います。

そんな方法を探っていけたらと思いました。
-------------------
読んでいただきありがとうございました。

思考しつづける [教師修行]

久しぶりの投稿。

今、比較的時間のあるとき。

思考し続けている。

現在、頭にあるものを出しきり、過去の振り返りに入っている。

成功例
失敗例

いろいろ見える。

無意識の中でふわふわしている悩みが文字化してあるのを見つけると、「いつもこれ、思うんだけど、結局答えが出ないまま今にいたっているんだよなあ」と思う。

具体的には、
ネタ、基礎系、思考
をしっかりと体系化すること。

どうしてもネタに頼っているところがある。
ネタをネタのまま使っているから、そのままの味付けで変わっていないところが問題なのである。
料理人だったら、完全なサボり。

(また、同じことやってる。。。)
と客観的に読んでいる私がいる。

そして、体系化について先ほど触れたが、
どう思考系の授業と結びついているかもあやふやなのである。

私としては、思考系の授業の質が未熟。
そこに主因がある。

がっちり思考系の授業ができれば、ネタもより効果を増すだろう。

これは一例だが、とにかく思考し続けている。

あけましておめでとうございます [メモ]

あけましておめでとうございます。

久しぶりの投稿です。

今年もよろしくお願いします。

さて、今回書きたい気持ちがあったので、書きはじめました。

今、講座の録音音声を聞いています。

聞いていて、化学反応中です。

化学反応中と言うのは、講座で話してくださった方の話を聞いていて、価値観が衝突しているように感じているからです。

「どっちが正しい?」

たとえば、「書く」について。

早く書く方が自分には合っているのか?

丁寧に書く方が自分に合っているのか?

育てる土台はどっちかについて。

技能を育てる方が自分に合っているのか?

心を育てる方が自分に合っているのか?

好きなことか、苦しいことかについて。

好きなことを体感して、味わった方が自分に合っているのか?

制約範囲内で「できないこと」を味わった方が自分に合っているのか?

量と質について。

量を体感させた方が自分に合っているのか?

質を追い求める方が自分に合っているのか?

揃えるか、揃えなくていいか。

答えはない。。

その時々により、答えは異なるだろう。

よく言えば、臨機応変。

悪く言えば、付け焼刃。

しっくりいかないのは、結局ここだろう。

あまりにも異文化・異分子が入りすぎた。

・強引であろうと、自分のやり方に引きずり込む。引き込む。
・最大限の努力をして、自分を変える。合わせる。

この2つしか道はない。


見ると解説 [教師修行]

いろいろと動画を見ている。

私の見る目で見える世界。
感じ取れる世界。
認識できる世界。

解説を聞くと、世界が広がる。深まる。

私と解説の世界に違いがあることは知っている。
だから、学ぶのだ。

どうやったら見えるようになるのか。
自分の認識力をどう働かせたら見えるようになるのか。
感覚的でもいい。
言葉にできなくてもいい。
見えるようになりたい。

一つ言えることは、自分の世界で留まっていては絶対に見えない。

あり方 [メモ]

明るくありたい。

笑顔でありたい。

こだわるところはこだわり、切り替えるところは切り替える頭でありたい。

優しく愛を配れる人でありたい。

怖さ・厳しさをもつ人でもありたい。

どんな人でも認められる返しができる人でありたい。

言うべきことは言う人でありたい。

常に問いを発信できるような発想者でありたい。

明快・明解な解で答えられるような人でありたい。

相手意識がある伝え方ができる人でありたい。

努力と限界 [教師修行]

8割までは努力で行ける。

いや、9割までは行けるだろう。

残りの1割にとてつもない時間と手間、工夫がいる。

残りの1割の世界が見えること。

ただ、いわゆる完璧を目指すということとはニュアンスがちがう氣がする。

うーん、言葉にならない。

東海圏3日目 [教員採用試験]

集団討論
 賛成派・反対派に分かれて、討論。
 初めての経験。
 慣れていない。
 自分らしさが出せなかった。

模擬授業
 想定していた学年、教科、単元。
 指導書をざっと開き、単元決定。
 ささっと板書計画を書く。
 第一発言に何にするかの脚本を書く。
 始めの主発問を考える。
 7分ほどで終了。
 出来は完璧。100点。楽しかったーーーー

個人面接
 模擬授業のことは尋ねられなかった。
 大きく4つの質問。
 今、思えば、講師経験を踏まえて、根掘り葉掘り聞いてくる。
 「本物なのか・・・」
 これを見ていたように感じる。

 自分らしさを十分に発揮できなかったと思う。

笑顔は技術を生かして、絶やさなかったように思う。

8月例会 [サークル]

・Q−Uの意味

・3と4の意味

・指揮の音階視覚化

・歌唱の二部分け練習
    三部分け練習
    …などなど練習法

教師キャラクター

・誰に師事するか

・教師の成長は子どもの成長

・教師の意識が変わる

・聞く意識と話す意識

・子どもの声が入っていると実践に血が通う

・提案性のないレポートは単なる報告

東海圏2日目 [教員採用試験]

前日・前々日の遅くまで試験対策。

前日に床に就いたのは、25時を回っていた。

6時半に母に起こされる。

まずい、寝坊だ。

10分で準備をして家を出る。

濡れ髪のままであった。

なんとか集合時間30分前に到着。

ピアノ
 教室で行われた。
 2回までミスは許される。
 ミスは1回?
 ま、いいだろう。

水泳
 久しぶりのブール。
 水温は高く、身震いすることはなかった。
 練習1本後、本番1本。
 練習時は力んでいて、伏し浮きが上手くできずに、かなりの体力を消耗させてしまった。
 本番は力まない、ふわっと泳ぐことを念頭に、しかし、腕はしっかり伸ばしきろうと思った。
 練習よりは楽に泳げた。
 
マット運動
 練習が一回ある。
 開脚前転の足が上手く開けなかった。
 以前は得意だったのに、年齢を感じた。
 尻もちをつく。
 本番は何とかいった。
 伸膝後転がもう少しすっきりいくとよかったが、ま、いいだろう。

どうだろうか。

それよりは、試験3日目へ意識を向けた。

実技後は疲れていた。

3日目に向けて、いろいろと準備をする。
新調するものは新調した。

早めに22時には就寝。
前の10件 | -

子どもの可能性を信じ、熱く、でもゆったりと、優しく、でも強く、笑って、でも苦しんで、走って、でも止まってみて、結局自分が伸びた分だけ子どもは伸びるんだ!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。